大学受験

私は生まれも育ちも関東のとある地方都市でした。
高校から私立の女子高に通っていたのですが、私も周囲の友達も大学受験についてはあまり悩まなかったのではないかと思います。
元々地元であったことと、他県からこの女子高に進学してきた生徒たちもそのまま系列の女子大に進学を希望する人が多かったのです。
ほとんどの同級生は県外への進学を予定していなかったので、私もなんとなく地元志向という感じで、受験は地元の1校のみでした。
滑り止めとしては統一試験でその学校の短大を受験し、まあ何とかなるだろうと思っていました。
大学の学部は文学部で日本文学科でした。
日本文学科はその当時短大もありましたが、4年制のほうがやはり入試の競争倍率は高く、2倍強という感じでした。
受験の科目は私立大の文学部ということで、国英数の3科目のみで、センター試験は課されませんでしたので受験していません。
受験に向けてのいわゆる受験勉強は、部活を引退した3年生の夏休みから本格的に始めました。
センター試験や他大の受験を考えていなかったこともあり、初めから科目を絞っての受験勉強になりました。
国語は元々得意なほうで、自分で計画を立てて進めました。
現代国語向けには問題集と漢字の暗記をし、古文については古語単語の暗記本を使っての暗記と、参考書と問題集をやっていきました。
漢文はあまり好きではなかったので、時間が短くなりがちでしたが、書き下し分などが書けるように問題集を解いていきました。
英語は嫌いではないものの余り得意ではなかったので、高3の夏休みから家庭教師について勉強しました。
英語はやはり単語だと思うので、英単語長やカードを使って覚えるようにしました。

 

また、家庭教師の勧めで英語の慣用句の理解と暗記に役立つように、慣用句のしおりという小冊子を使って覚えていきました。
他には長文読解の問題集などもやりました。
数学に関しては配点も小さかったため、学校で習った範囲の復讐という形で問題集をやりました。
受験については、当日は落ち着いて登校できましたが、慣れない大きな教室と、部屋全体の温度が高くてちょっと集中しにくかったです。
それでも全体の出来としてはそんなに悪くなかったので、何とかなっているのではないかと思いました。
合格発表までの数日間はやはり少し不安にもなりましたが、短大4大ともに合格することが出来ました。
今にして思えば、万一の時に他大へ行くという選択肢も考えていなかったことに我ながら呆れることもあります。

ちなみに願書は、こちらで取寄せました。

 

http://toriyose.gf2ur.biz/

 

ヒゲをのばすのはいいけれど、清潔感だけはお願いします!

30代の主婦です。ストレスがたまると、子供が幼稚園に行っている時間に友達とランチに行ってストレスを発散しております\(^o^)/

地元近くで子育てをしているので、近所には新しい友達の他、昔からの友人が結構いるので、お喋り相手探しには苦労しません。
その上、子育て環境的に良い立地なので、そのまま私の様に結婚後も地元に住み続ける子が結構多く
自営業なら仕事も地元で~という子も珍しくありません。

ランチには、同級生が駅前でやっている喫茶店をよく使っています。
マスターは同級生で、忙しい時間帯以外は一人で注文を受けて調理、会計までこなす、とっても働き者です。
お料理も美味しく、店もいつもきれいに整えられていて、昔話に花も咲きますし、お気に入りの場所なのですが
その同級生は童顔な事を気にしてか、最近ヒゲをのばしはじめたのです。

仕事中でない時は、割とゴツめのアクセサリーをつけたり、ちょっとパンキーな洋服を着ているのですが
とにかく昔から童顔で背が低い事を気にしていたので、ヒゲを伸ばせば大人の貫禄が出るかなという事で伸ばし始めたのだそうです。
見た目は、確かにヒゲを伸ばす前よりも上の年齢に見える様になり、目的は達成されたようですが
伸ばす方に意識がいっている様で、いまいち清潔感に欠けるひげの伸び方、生え方になってしまっているんです(@_@;)

きれいに、いかにも「マスター」という感じでダンディな雰囲気に整えてくれていたら良かったのでしょうが
どことなくナチュラル感というか、ワイルド感というか、手入れしていないそのまま感がかっこいいと思ってしまっている様で
どうにもだらしなさを感じる伸び方なのです(>_<)

他にお客さんがいなかったので、私達と同じテーブルに来て一緒に食べながらお喋りしたのですが
食べこぼしやちょっとしたカス等がヒゲについて、でも本人は気付かないし、他の人も指摘しにくいという感じで
どうも清潔感が足りない感じがしてしまいます。
一応飲食店なのですから、清潔感は大事ですし、もし食べ物や飲み物に毛が入っていたら、お客さんに真っ先に疑われるのは彼です。
たまらず皆でひげはやめるべきだ、お店の問題にもなるかもしれないとおせっかいながら忠告し、しぶしぶ剃る事にしたそうです。
ちょっと悪い事をしたかなと思ったのですが、同級生としてそのままほおっておくのも忍びなく(>_<)

別に周りにどう思われてもいいのならいいのですが、あまりヒゲが好きっていう人は少ないと思うのです。
日本では剃るのがマナー的な部分もあり、あまり見慣れていないせいもあるとは思うのですが、相当綺麗に整えられていないと
どうしてもだらしなさや不潔感を感じやすいです。
ヒゲの周りが肌荒れしていたら尚更その様に感じますし、剃れー!!(T_T)って思ってしまいます。

これなんか良さそうですね。

 

ひげ 脱毛クリーム

個人の自由ではありますが、好感を持たれるヒゲは、かなりレベルが高いという事だけは知っていてほしいです

視界の隅

視界の隅に興味ある対象が入る。まじまじと眺めると訝しく思われるので、さりげなく眺める程度である。
かつて奴隷である黒人が白人と目を合わさなかったのと同じ理屈かもしれない。
こっちは向こうに興味があるが、向こうはこっちに全く興味がない。ジレンマを感じるが、今のところ有効な手段はない。
ただ妄想だけである。私にのこされた自由は、それだけである。

カテゴリー: blog